WinActor(RPAツール)とは

ITトレンド

公開日:2019年4月14日

様々なRPAツールが存在しますが、現在、日本国内で最もシェアが高いのが「WinActor」です。

このページでは、WinActorについて、概要や特徴についてコメントします。

1.RPAとは

RPA(Robotic Process Automation)とは、「ロボティック・プロセス・オートメーション」、すなわち、業務効率化を目的としたロボット(IT)による自動化のことをいいます。

従来のロボット自動化は工場で多く活用されていましたが、RPAは、主にオフィス内の事務作業を効率化するために使用します。

代表的なRPA活用方法としては、Excelデータの入力作業です。ある規則に基づいた入力作業であれば、人間が行うよりも遥かに効率的にかつ正確にRPAツールが作業してくれます。

RPAの特徴としてVBAツール開発と比較すると、RPAでは分かりやすいGUI画面で、プログラミング言語を使用せず(使用もできますが)に業務効率化のツール開発が可能です。

2.WinActorとは

WinActorとは、RPAの機能を有するツール(ソフトウェア)の一つです。NTTグループが開発しました。

ExcelなどのOfficeツールやInternet Explorer(IE)など、Windowsとの親和性が高く、日本国内では、現在、最も企業で使用されているRPAツールです。

3.主な機能

※以下の画像は全て「NTTデータ WinActorサイト(https://winactor.com/)」のページから引用しています。

(1)シナリオ作成

WinActorは「シナリオ」を作成することで、ツール開発を行っていきます。下のWinActor画面のうち、図形や線が描かれている箇所がシナリオに該当します。

WinActorシナリオ画面

このシナリオは、プログラミング言語のコードに該当します。

すなわち、自動化したい事務処理について、上から順番にRPAに実行させたい命令を書き込んでいきます。

ただし、VBAなどのプログラミング開発と異なり、WinActorでは、シナリオ画面の箇所に、ある程度でき上っている「部品」を左の画面から選択して、シナリオ画面の箇所にドラッグ&ドロップします。そして、出来上がっていないカスタマイズが必要な部分も、ドラッグ&ドロップした後に、ユーザーフレンドリーな分かりやすい画面が表示されるので、項目毎に必要な変数や文字列などを設定していくだけです。

必要な部品を全て設定完了させれば、シナリオの作成は完了です。

その後は、実行ボタンを押せばWinActorが自動的に事務処理を行ってくれます。

(2)記録モードによるシナリオ作成

シナリオ作成は手作業ではなく、記録モードによって作成することもできます。

WinActor記録モード

記録モードをスタートさせてから、自動化させたい事務処理を操作するだけで、WinActorが自動的にシナリオを作成してくれます。

4.価格

1ライセンスから購入でき、年間ライセンス料金は約90万円です。

5.サポート

問い合わせページよりメールでの問い合わせが可能です。

また、WinActorサイトにユーザーフォーラムやFAQも存在するので、これらのコンテンツから情報を収集することができます。

6.参考サイト

RPAツール『WinActor®』(NTTデータ)

7.関連ページ