VBAエキスパート(Excelスタンダード) 試験範囲その7-変数と配列

公開日:2018年8月15日

このページでは、VBAエキスパート(Excelスタンダード)の 試験範囲のうち、「変数と配列」について概要を説明します。

VBAエキスパート(Excelスタンダード) 試験範囲その7-変数と配列
目次

1.変数と種類

メソッド内に宣言されるローカル変数は、そのメソッドのブロック内でのみ有効になります。ブロック外からアクセスすることはできません。

同じ名前の変数を異なるブロックで定義した場合には、より内側にある変数が優先して適用されます。

2.配列とは

Javaクラスは、class宣言とmain()メソッドを中心とした構造になっています。

各クラスの最初には必ずclass宣言を行います。「[アクセス修飾子] class クラス名」の形で宣言します。

main()メソッドは最初に実行されるプログラムに使用されるメソッドです。「public static void main(String[] args){・・・}」と記述します。

各メソッドは「ブロック」と呼ばれる{}内にプログラム処理を記述します。

ブロック内に記述するプログラムは「文」で記述されます。文の最後には「;(セミコロン)」を記述します。

記述したJavaプログラムは「〇〇.java」といった形式でファイル保存します。

3.動的配列

Javaプログラムを正常に実行するには、人間が記述した「〇〇.java」ファイルを機械が読み取れるような記述に変換する必要があります。これを「コンパイル」といいます。

コンパイルはコマンドライン上にて「javac 〇〇.java」といったコマンドで実行され、正常にコンパイルが行われれば、「〇〇.class」という「クラスファイル」が作成されます。

Javaプログラムは最終的にこのクラスファイルを実行することで動作します。クラスファイルを実行するには「java クラスファイル名」というコマンドで行います。

4.静的変数とオブジェクト変数、ユーザー定義型

Javaには様々なプラットフォームが存在し、スタンドアロンのPC上で動作するJava SEや、WEBサーバサイドで動作するJava EE、スマートフォンなど携帯端末向けのJava MEなどがあります。

2018年3月11日現在、現在のJavaプラットフォームの最新バージョンは9ですが、Oracle Java認定資格では8が最新バージョンとして試験公開されています。

Javaの最大の特徴として、「Write Once, Run Anywhere (一度書けばどこでも動く)」があります。これはOSに依存することがないことを意味しています。

JavaはOS上で直接動くのではなく、「JVM」と呼ばれるJava仮想マシン(実行環境)上にて、動作します。

その他の特徴としては「オブジェクト指向」があります。これはJavaが、プログラムを「オブジェクト」の集まりとして捉え、カプセル化やポリモーフィズム、継承といった概念・技法を用いるプログラミング言語であることを表しています。

「はたらこねっと」に登録しませんか?

ITスキルをアップしたいならば、派遣登録がおすすめ。

「はたらこねっと」は派遣社員の案件数が最大級の仕事探しサイト。

様々な条件を設定して仕事探しできます。

関連記事

スポンサードリンク

派遣社員のお仕事を探すならば【はたらこねっと】人材派遣、派遣会社情報が充実

Topへ戻る